ヤクルト高橋、緩急自在2勝「タイミングをずらせた」

[ 2019年7月5日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―2広島 ( 2019年7月4日    マツダ )

2勝目を挙げたヤクルト・高橋 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高橋が6回2失点で2勝目を挙げた。4点リードの3回1死満塁からメヒアに押し出し四球を与えるなど、万全の投球ではなかったが試合をつくった。

 22歳の左腕は「3回までは直球中心で狙われている印象。4回からはスライダーの緩急を付けてタイミングをずらせたかな」と、変化球主体への切り替えが功を奏した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース