公立の星 和歌山・那賀、谷脇 「えげつない」スライダーで圧倒

[ 2019年7月5日 10:15 ]

谷脇弘起投手(那賀)
Photo By スポニチ

 「令和初の甲子園大会」となる第101回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕、甲子園)の出場校を決める地方大会は、6日に大阪、兵庫など14大会が新たに開幕し本格化する。最速163キロを誇り令和の怪物と称される大船渡の佐々木朗希投手(3年)が注目を集める中、佐々木同様に「公立の星」として聖地を目指す各地の好投手に迫った。

 無限の伸びしろを感じさせる。1メートル80、75キロとやや細身の体型ながらマウンドに立てば、一回り以上も大きく見せる。那賀(和歌山)の谷脇はまだまだ成長途上だが、プロ数球団が興味を示すように、そのポテンシャルは疑いようがない。

 「最後のチャンスなんで。甲子園は意識しています」

 6月の練習試合で自己最速を更新した143キロ以上に切れある真っすぐと、高津亮監督(44)が「えげつない」と表現する縦と横のスライダーで打者を圧倒する。昨秋の新人戦では今春選抜で8強入りした市和歌山相手に1失点完投勝利。「複雑な気持ちだったが、自分たちもやれるのでは」と夏を前に自信はふくらんだ。

 意識せざるを得ない存在がいる。今秋ドラフト候補に挙がる和歌山東の147キロ右腕・落合秀市は中学時代に所属した「和歌山ビクトリーズ」のチームメート。谷脇は2年から本格的に投手をはじめ3年時には主戦となったが、捕手として落合の投球を受けたことがあり「めちゃくちゃ速かった」と振り返る。

 同校は12年夏に和歌山大会決勝まで進出するなどしたが甲子園出場はなし。初戦の相手は県和歌山(13日)。「令和」へと時代が変わり、歴史を変える準備は整った。(吉村 貢司)

 ◆谷脇 弘起(たにわき・こうき)2001年(平13)11月25日生まれ、和歌山市出身の17歳。宮小2年から「宮セネタース」で野球を始め内野手。日進中では「和歌山ビクトリーズ」に所属し2年から本格的に投手。那賀では1年夏からベンチ入りし2年秋から主戦。50メートル走6秒2、遠投100メートル。1メートル80、75キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース