楽天 打線組み替え実らず7連敗…平石監督「ファンに申し訳ない」

[ 2019年7月5日 22:20 ]

パ・リーグ   楽天2-4日本ハム ( 2019年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・日>6回無死一塁、見逃し三振に倒れる浅村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は引き分けを挟んでの7連敗。西武が敗れたため3位転落は免れたが貯金は3に減り、首位ソフトバンクとは6ゲーム差に開いた。

 平石監督は「打線の流れが良くなかったのでとにかく点を取ろうと流れを変えたかったので新しいオーダーにした」と浅村を今季初の4番で起用。頼みの浅村は2四球ながら好機で三振するなど2打数無安打。チームも日本ハム先発の有原から7回までわずか1安打のみに抑えられたが平石監督は「有原に対し対応できなかったけれども、何とか最後まで食らいついて粘る姿は出せたかなと思う」と5つの四球を選んでチャンスを作ったナインを評価した。

 8回にはリリーフ陣を攻め、銀次の適時二塁打などで反撃したが2点届かず。平石監督は今季初の7連敗に「来場してくれた大勢のファンから声援をもらったのに勝てなくて申し訳ない。いい準備をして明日勝ちにいきたい」と奮起を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース