巨人・小林、確信2号 原監督「もう200本くらい打っているような感じのしぐさ」

[ 2019年7月5日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―3中日 ( 2019年7月4日    東京D )

6回無死 ソロ本塁打を放つ小林 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人・小林がリードだけでなく打撃でも勝利に貢献した。2回1死二塁からチーム初安打となる左前打を放つと、6回には先頭で左翼席上段に2号ソロ。打った瞬間に確信するような完璧な当たりに「感触は良かった」と4月19日の阪神戦以来の一発を振り返った。

 原監督は「もう200本くらい(本塁打を)打っているような感じのしぐさ。あれはちょっと余計ですけど」と笑いながらも「見事なホームランでした」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース