【南北北北海道】北照は北海道大谷室蘭と初戦 旭川大高は釧路湖陵と激突

[ 2019年7月5日 15:05 ]

 第101回全国高校野球選手権の南北海道大会、北北海道大会の組み合わせ抽選会が5日に開かれた。支部大会を勝ち抜いた南北それぞれ16校の主将がクジを引いた。

 南北海道大会は昨夏代表の北照が北海道大谷室蘭と初戦で対戦。昨秋の明治神宮大会優勝校でセンバツ出場の札幌大谷は、春の北海道大会を制した駒大苫小牧と初戦で激突することになった。

 北北海道大会は昨夏代表の旭川大高がセンバツ21世紀枠候補だった釧路湖陵と初戦で対戦。旭川支部大会で2試合32奪三振の注目エース伊東がいる旭川北は稚内大谷とぶつかる。

 南北海道大会は札幌円山球場を舞台に15日に開幕。北北海道大会は旭川スタルヒン球場で13日に開幕する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース