イチロー引退会見で大谷翔平にエール「投手で20勝。翌年に50本でMVPができる選手」

[ 2019年3月22日 01:22 ]

会見するイチロー(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、アスレチックスとの開幕2戦目終了後に都内で会見を行い、現役引退を表明した。日付が変わる数分前に会見場に姿を現したイチローは、集まった報道陣を見渡して「こんなにいるの?びっくりしたわ」と第一声。そして「遅い時間にお集まりいただきありがとうございます」と続け、「日本で9年、アメリカで19年目に突入したところでしたが、現役生活に終止符を打ち、引退することになりました」と現役引退を発表した。会見ではエンゼルスの大谷翔平投手にエールを送った。

 報道陣からのメジャーで対戦が叶わなかったことを残念だという声に「対戦したかったですが、僕が投手で彼が打者ですよ。それは誤解なきよう」と“イチロー節”で笑わせてから「投手で20勝してサイ・ヤング賞。その翌年には50本打って本塁打王、MVPを獲ってほしいね。それが想像ではなくてできる選手だから」とコメント。

 「あのサイズで機敏な動きができる。世界一の選手にならなきゃいけないですよ」と熱いエールを送った。

 ▼エンゼルス大谷の話 まだそんなに信じられていない。本当に引退するのかなという感じ。プレーするのは見られないが、(今後も)目標にしてやると思う。(1年前に)ご厚意でアドバイスを頂いた。凄く勉強になった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース