中日・堂上2ラン!懲罰交代の京田に代わりスタメンで即結果、レギュラー獲りアピール

[ 2019年3月21日 18:09 ]

オープン戦   中日7―4オリックス ( 2019年3月21日    ナゴヤD )

<中・オ>4回、堂上は逆転となる左越え2ランホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の堂上直倫内野手(30)がレギュラー獲りに向けてアピールに成功した。

 「7番・遊撃」で先発出場し、1点を追う4回2死一塁で逆転2ラン。第1打席に差し込まれ、左飛に打ち取られた松葉の直球を「インコースの甘めだったので、しっかり振れた」とジャストミートし、左翼席まで運んだ。

 前日のオリックス戦で遊撃争いをする京田が怠慢プレーで途中交代。その京田に代わってスタメンで即、結果を出した。ただ、7回1死満塁で右飛に倒れた打席を悔やみ「最後、打てたら。もう1点というところで、ああいう結果だったので」と反省も忘れなかった。

 与田監督は「シーズンの中でもライバル争いをしてもらわないと。どっしりあぐらをかいてもらうと困る」と競争激化によるチーム力アップに期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース