巨人ゲレーロ、来日初の満弾 走者2人以上も移籍後初

[ 2019年3月21日 05:30 ]

オープン戦   巨人6―3日本ハム ( 2019年3月20日    甲府 )

初回1死満塁、ゲレーロは左中間に満塁弾を放ち二塁を回る(撮影・西尾 大助) 
Photo By スポニチ

 ゲレーロ(巨)がオープン戦、公式戦を通じ来日初の満塁本塁打。中日入りした17年は3ランがオープン戦1本、公式戦5本と計6本あったが、巨人移籍後は前日までオープン戦、公式戦合わせソロ15本、2ラン7本が全て。走者2人以上を置いての一発は初めてだ。

 また、巨人の今オープン戦満塁弾は16日ヤクルト戦の亀井に次ぎ2本目。チームの同一シーズンオープン戦満塁弾2本は、90年に3月11日ダイエー戦で駒田、同24日ロッテ戦で原がマークして以来29年ぶり。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース