DeNA・国吉 自己最速更新159キロ!ラミ監督「投げるたびによくなっている」と絶賛

[ 2019年3月21日 17:04 ]

オープン戦   DeNA2―2日本ハム ( 2019年3月21日    横浜 )

<D・日>DeNAの国吉(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの国吉佑樹投手が自己最速をまた更新する159キロをマークした。

 1―2の9回から登板。先頭の杉谷に対し、2ボール2ストライクから5球目は159キロを計測する直球で空振り三振に仕留めた。石井は変化球で三ゴロも、谷口は155キロ直球で空振り三振。12球中11球が直球で、全て150キロ超えだった。

 ラミレス監督は「ハードワークする選手。期待に応えてチームにいい貢献をしている。159キロはうれしいし、投げるたびによくなっている」と絶賛していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース