横浜・及川“第3の武器”解禁 チェンジアップを2球試投

[ 2019年3月21日 05:30 ]

チェンジアップを投げる横浜・及川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕)の出場校による甲子園練習最終日は20日、12校が調整した。横浜(神奈川)の今秋ドラフト1位候補・及川(およかわ)雅貴投手(3年)はマウンドから11球の投球練習。チェンジアップも2球試した。昨秋までは「大事な2球種にこだわりたい」と直球とスライダーしか投げてこなかったが、中学まで投じていた第3の武器を練習試合から解禁。最速153キロ左腕は「投球の幅を広げるために使いたい。徐々に良くなっている」と手応えを話した。

 自身3度目の甲子園は初めて背番号1で戦う。11番をつけた昨夏は、3回戦で現日本ハムの吉田輝を擁する金足農(秋田)に、登板することなく敗退。「1桁を背負う以上は良い投球が求められる。目標はもちろん全国制覇」と語気を強めた。同じドラフト1位候補、星稜(石川)の奥川にも闘志を燃やし、「今はあちらが頭一つ抜けているけど、追いつきたい」と言った。(武田 勇美)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース