イチロー 第一線退く意向 試合後に記者会見

[ 2019年3月21日 19:30 ]

初回2死、ピスコッティのフライを捕るイチロー(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 米大リーグ通算3千安打を達成しているマリナーズのイチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=が21日の東京ドームでのアスレチックス戦を最後に第一線を退く意向を球団に伝えたことが同日、関係者の話で分かった。試合後に記者会見する。

 昨年5月に会長付特別補佐としてフロント入りした後、今年のキャンプで選手復帰した。だが、オープン戦から不振が続き、7年ぶりに日本で公式戦出場した20日の開幕戦でも1打数無安打で途中交代した。
 
 日本人野手として初めてメジャー挑戦した2001年、マリナーズでシーズン242安打の打率3割5分、8本塁打、69打点、56盗塁でア・リーグ最優秀選手と新人王を同時受賞した。04年にはメジャー新記録の262安打。メジャーデビューから10年連続で200安打以上、ゴールドグラブ賞、オールスター戦選出を果たした。将来は日本人初の米国野球殿堂入りが確実視されている。

 1992年に愛知・愛工大名電高からドラフト4位でプロ野球オリックス入り。史上初のシーズン200安打に到達した94年から7年連続で首位打者に輝いた。日本代表では06、09年とワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2連覇に貢献した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース