マリナーズ・サンタナ、自身初満塁弾!今季加入の26歳「最高」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

ア・リーグ開幕戦   マリナーズ9―7アスレチックス ( 2019年3月20日    東京D )

3回2死満塁サンタナは逆転グランドスラムを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 「イチロー・シリーズ」ともいえる開幕戦を、マリナーズが猛打で制した。1点を追う3回2死満塁。5番・サンタナがあり余るパワーで打球を右翼スタンド中段に突き刺した。今季1号の逆転満塁本塁打は、自身初のグランドスラムだ。

 「最高の気分。イチローと同じチームで日本で開幕を迎えられた。僕の夢がかなったよ」。今季、ブルワーズから移籍。17年には30本塁打したドミニカ共和国出身の26歳に続いて、5回にはベッカムも左中間に1号2ランを放った。イチローの前を打つ8番打者は「毎回、イチローの前で打つのは特別なこと。非常にうれしい」と笑顔で振り返った。

 7安打で9得点。マ軍は前回12年に続いて日本での開幕戦を勝利で飾った。スコット・サービス監督は「よくボールが飛んだ。ホームランは素晴らしい」と空中戦を制してご満悦だった。

 ▼マリナーズ・ゴードン(4打数1安打1打点)イチローとの開幕戦は素晴らしかった。非常に光栄。(イチローが交代でベンチに下がる際は)特別な瞬間。みんな拍手をしていた。ファンはガッカリしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース