中日・京田“懲罰交代” 中継プレーミス後に3球三振 与田監督「動き悪かったから」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

オープン戦   中日0―2オリックス ( 2019年3月20日    ナゴヤD )

 中日の京田が“懲罰交代”を受けた。3回1死二塁、福田の右前打で中継プレーをミス。送球が逸れたため右翼手・平田に失策が記録されたものの、怠慢な動きで二、三塁とピンチを広げ、先制点を奪われるきっかけをつくってしまった。

 その裏の攻撃でも2死一塁から3球三振。与田監督は「動きが悪かったから代えた」と5回から三ツ俣を遊撃に送り込んだ。京田は「見ての通りじゃないですか。その後の三振も合ってなかった」と反省した。昨季、チーム唯一の全試合出場を果たした正遊撃手であっても容赦なし。開幕に向けて指揮官が厳しい姿勢を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース