【隠しマイク】木田投手チーフコーチ「俺の現役時代は、まさに風林火山だった」

[ 2019年3月21日 12:45 ]

木田チーフ投手コーチのお腹を触る桑田真澄氏(左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ◎日本ハムは、武田信玄ゆかりの地である山梨で巨人戦。同県の日大明誠出身の木田投手チーフコーチは「俺の現役時代は、まさに風林火山だったよ。家に帰ること風の如(ごと)く、バラエティー番組ではしずかなること林の如く、マウンドでは炎上すること火の如く、練習では動かざること山の如し…」。お見事。

 ◎ノック中の中日・工藤外野守備走塁コーチは「王さん!王さん!」。一本足打法の渡辺にフライが当たりそうでした。

 ◎ヤクルト―阪神戦の7回。阪神の福原投手コーチが能見から桑原への投手交代のためにマウンドへ。球審が場内アナウンス係に「ピッチャー福原!」と言い間違い。阪神ベンチからは一斉に「ちゃう、ちゃう!」。

 ◎メットライフドームの急な階段を上る辻監督。担当記者から「監督、足腰強いですね」と言われると「何年上ってると思ってんだよ!15年だよ!」。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース