大谷、痛恨…イチローの感動の交代シーンを見逃す「歯を磨いていた」

[ 2019年3月21日 10:18 ]

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷は20日、マリナーズのイチローが「9番・右翼」で先発出場した日本開幕戦を睡眠時間を削って観戦したことを明かした。

 この試合はテンピ(米アリゾナ州)では午前2時半すぎにプレーボール。「なかなか見られる光景ではないので、見たいなと思った」との言葉通り、大谷も夜更かしして観戦した。

 イチローは第2打席を終えた直後の4回裏、いったん右翼の守備に就いたものの、駆け戻ってきて交代。同僚が駆け寄り抱擁し、ハイタッチでベンチへ戻った。アスレチックスのベンチも総立ちで拍手を送った。

 メジャーでも、スーパースターだけに許される時間だったが、あろうことか大谷は「打席が終わったので歯を磨いていた」とこのシーンを見逃してしまった。この痛恨の失態には、さすがの大谷も苦笑いを浮かべるしかなかった。

 21日は花巻東の先輩・菊池が登板するが「ちょっと厳しい。寝ながら応援したいな」と控えめに話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース