盛岡大付 速球対策は万全、石岡一・岩本攻略へ自信

[ 2019年3月21日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会 甲子園練習 ( 2019年3月20日 )

 岩手・盛岡大付の速球対策は万全だ。及川主将は「良い投手に対して打線が通用するかがポイント」と打撃練習で快音を響かせた。

 昨秋の岩手県大会では、大船渡の157キロ右腕・佐々木の対策としてマシンを160キロ近くに設定。スピードガンで172キロまで達したボールを打ち込んだ。初戦は石岡一(茨城)の147キロ右腕・岩本が相手だが、「速球に負けないようにやってきた」と自信を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース