星稜・奥川が最終調整 マウンドで7球「新しい気持ち」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会 甲子園練習 ( 2019年3月20日 )

投球練習をする星稜・奥川(右は林監督)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 マウンドで7球の投球練習を行った星稜(石川)の150キロ右腕・奥川は「これまでのことは全部忘れて、新しい気持ち」と笑顔を見せた。

 昨年は36校中、最後の登場で、4日間で3試合を行った。初日登場の今大会は勝ち進む上で日程面では有利となる。林和成監督は「間隔があるので、奥川が全ての試合で投げ切るのがベスト」と口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース