巨人・畠6回3失点 原監督も高評価「開幕に名乗りを上げた」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

オープン戦   巨人6―3日本ハム ( 2019年3月20日    甲府 )

6イニングを3失点に抑えた畠(撮影・西尾 大助) 
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを狙う巨人の3年目右腕・畠が、オープン戦初登板で、6回を3失点にまとめた。7安打を浴びたが、6三振を奪って無四球。「多くのイニングを投げられたのは良かった。真っすぐを捉えられていた。切れやコントロールをもっとやっていきたい」と、収穫と課題を挙げた。

 原監督は、「総合的に非常に良かった。(開幕ローテーション入りに)名乗りを上げたと思います」と高く評価した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース