ソフトB柳田、楽天・森原から豪快V弾「良い投手から打てた」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク4―3楽天 ( 2019年3月20日    ヤフオクD )

7回1死一塁、右中間へ本塁打を放った柳田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 鷹党が歓声を上げる右中間席へ豪快に放り込んだ。同点で迎えた7回1死一塁。ソフトバンク・柳田は2ストライクからの3球目、楽天・森原の浮いたフォークボールを強振。オープン戦2号は推定飛距離130メートルの勝ち越し2ランだ。

 「良い投手から打てた。タイミングは合ってなかったけど、うまく当たった」

 オープン戦はここ3試合連続で4番を任された。今季目標は50本塁打。1打席でも多い方が目標に近づけるだけに、オフに3番を熱望する発言もあった。シーズン開幕が近づいた今は「1個回ってくるか、こないか。あとは変わらない」と、それほど意識しない。外国人4枠に野手2人を起用するかどうかで打線の組み方も変わるだけに、工藤監督は「考え中」と悩ましげに話した。

 ≪今宮は3戦連続安打≫ソフトバンク・今宮が3試合連続安打をマークした。0―2の2回2死一塁から左翼線を破るタイムリー二塁打を放ち「感覚はいい状態できている。あとの打席で打てなかったので、しっかり対応できるようにしたい」と話した。開幕に向け「あと4試合あるので、しっかりやっていきたい」と意気込んだ。

 ▼ソフトバンク・松田宣(マルチ安打に)こんな感じかなというのが固まりつつある。(フル出場し)試合に出る体力をインプットしないと。本番モードや。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース