阪神・矢野監督、本番想定の継投策 能見&桑原で無失点リレー

[ 2019年3月21日 05:30 ]

オープン戦   阪神10―1ヤクルト ( 2019年3月20日    神宮 )

3回1死一塁、2打席連続本塁打のナバーロを笑顔で迎える矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 シーズンを見据えた阪神の継投策だった。まずは7回からは左打者対策として能見を投入。先頭打者の雄平をカウント1ボール2ストライクから最後はフォークで二ゴロに仕留めた。続く村上はわずか1球で中飛。2死から代打の山田が打席に向かうと矢野監督は迷わず、桑原を投入した。

 「(オープン戦では)あまりしてなかったし。シーズンだったらああなるだろうというところで、そういうふうにしていくところも今後は作っていくことがお互いのためにもなると思うのでね」

 今春オープン戦では初めて、本番を想定した継投策を実践した。3番手として登板した中継ぎ右腕は、自慢のスライダーで山田を空振り三振。注文どおりに右打者を封じ、能見との無失点リレーを完成させた。

 ベテラン左腕は順調な調整ぶりにも「いつも通り」と表情を変えなかった。ワンポイントリリーフを成功させた桑原も開幕へ向けて視界は明るい。「(登板の)準備はしていた」。他球団が警戒する虎のブルペン陣は今季も健在だ。 (山本 浩之)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース