ヤクルト星、7失点炎上で2軍降格「見ての通りです」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト1―10阪神 ( 2019年3月20日    神宮 )

3回1死一塁、ナバーロ(手前)にこの試合2本目の本塁打を浴び呆然とするヤクルト先発・星(中央)。後方は捕手・松本直(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 3年目右腕のヤクルト・星がオープン戦初先発したが、初回に3発を浴びるなど5失点。計4被弾で7点を失い、3回途中でKOされた。

 試合後に2軍降格を告げられ「見ての通りですね。悪い時の底上げと、カウント球をしっかり投げ分けられるようにしないと」と肩を落とした。小川監督も「打たれるべくして打たれている。今日の感じでは厳しい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース