【21日のファーム情報】イースタン3試合は全て完封試合

[ 2019年3月21日 21:43 ]

 プロ野球のファームは21日、ウエスタン・リーグのオリックス―ソフトバンク戦(オセアンバファローズスタジアム舞洲)がグラウンド状態不良のため中止。計4試合が行われ、イースタン3試合は全て完封試合だった。

 DeNAは巨人戦(横須賀)に4―0で完封勝利。右肘違和感からの復帰を目指す昨季新人王の東が2番手で登板し、2回無安打無失点2奪三振で1勝目を挙げた。巨人先発・沢村は6回5安打1失点で1敗目。

 日本ハムはヤクルト戦(鎌ケ谷)に3―0。先発・吉田侑が6回3安打無失点の好投で1勝目を挙げた。野村が6回の1号ソロなど3安打の活躍。日本ハム先発・田川は4回3安打無失点で7奪三振。

 楽天は西武戦(西武第2)に7―0。初回に山田が先制の1号満塁本塁打。今江が2安打2打点だった。先発・戸村は7回4安打無失点で白星。西武先発・伊藤は5回5安打6失点で黒星を喫した。

 阪神は中日戦(鳴尾浜)に12―1で大勝。江越が所外に先頭打者本塁打となる2号ソロ。2回に2打席連続の3号2ランを放つなど3安打4打点だった。先発・岩崎は3回3安打1失点。2番手・才木が5回3安打無失点で白星を挙げた。中日先発・鈴木翔は3回0/3を3安打3失点で1敗目。「1番・遊撃」で出場のドラフト1位・根尾は3打数ノーヒットだった。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース