巨人・岡本 多和田の144キロ直球をバックスクリーンへ「打てて良かった」

[ 2019年3月21日 13:42 ]

オープン戦   巨人―西武 ( 2019年3月21日    メットライフドーム )

<オープン戦 西・巨>2回無死、先制の中越えソロ本塁打を放つ岡本(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和真内野手(22)が21日、西武戦で先制のオープン戦2号ソロを放った。2回先頭で、多和田が外角低めに投じた144キロ直球に腕を伸ばし、バックスクリーンに運んだ。

 2日のヤクルト戦以来の一発に「基本を意識して、センター方向に打ち返そうという気持ちで打席に入ったのが、いい結果につながりました。打てて良かったです、の一言しかないです」とコメントした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース