阪神・青柳、堂々6回1失点 「低めを意識」で燕打線を手玉

[ 2019年3月21日 05:30 ]

オープン戦   阪神10―1ヤクルト ( 2019年3月20日    神宮 )

回1失点の好投を見せた青柳(右)は矢野監督とハイタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 大量援護を力に変え、阪神先発・青柳が好投した。直球、変化球共に低めに集めて6回を4安打1失点。既に当確させている開幕ローテの名に恥じない、堂々たるマウンドさばきだった。

 「すぐに1点取られたんですけど、その後しっかり抑えられたのは良かったです。(捕手の)梅野さんと、打者1人1人、(アウト)1個ずつと話していたので、しっかり投げることができました」

 5点の援護を受けて迎えた初回のマウンドこそ、坂口、青木に連打を許して打者2人で1点を失ってしまう。ただ、そこから崩れないのが今年の青柳だ。続く帝京大時代の同僚・塩見を遊ゴロに斬ると、四球を挟んだ一、二塁から、村上に外角低め140キロを打たせて二塁併殺打。最少1点で凌ぎきった。

 2~6回は危なげなく、2安打無四球で二塁を踏ませない盤石の投球だった。「去年のファームの時から、内野の間を抜けてのヒットは仕方ないと、低めを意識してやってきた」。奪った18アウトのうち9個がゴロアウトで、長打は初回先頭の坂口に許した1本のみ。致命傷を避けるオトナの投球で、山田、バレンティン不在の燕打線を手玉に取った。

 「すごく意識しましたね」という塩見は3打数無安打2三振に封じた。大学時代も「ほとんどない」という元同僚との対戦で、貫禄を見せつけた。

 矢野監督が「ローテで勝てる投球になってきていると思うからね」と評したように、制球に苦しんだ昨季までの姿はない。し烈な争いを制して臨む4年目シーズンに向けて、変則右腕が盤石の仕上がりを見せている。(巻木 周平)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月21日のニュース