旅・グルメ・健康

【祥子の一度は入ってみたい絶景温泉】心を射抜く“弓”ケ浜の白砂と青い海 海の幸に舌鼓

[ 2019年4月26日 12:00 ]

壺中の天宿○文の露天風呂を堪能する祥子(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 お色気たっぷりの“謎の美女”祥子(34)がインスタ映えする絶景の湯を紹介する「祥子の絶景温泉」。今回は静岡県南伊豆町の弓ケ浜温泉「壺中(こちゅう)の天 宿〇(まる)文」です。「日本の渚(なぎさ)100選」の弓ケ浜まで庭続きという好立地にあり、露天風呂からの眺めは抜群。伊豆半島最南端の「石廊崎(いろうざき)オーシャンパーク」からは太平洋を見下ろせ、相次ぐ絶景に心奪われて…。

 特急踊り子号の終点・伊豆急下田駅からバスで約25分。美しい弧を描く白砂青松の弓ケ浜とコバルトブルーの海が目に飛び込んできました。弓ケ浜はさながら海に浮かぶ三日月のようで、そばに立つのが「壺中の天 宿〇文」。“壺中の天”とは中国の故事で「俗世間とは異なった別天地」を意味し、“〇”は「良い」を表しているそうで、全30室露天風呂付きでオーシャンビューというぜいたくな造りも納得です。

 旅装を解く間もなく1階の露天風呂に身を沈めると、前方に先ほどの弓ケ浜と青い海が輝いて見えます。7月になると海水浴客でにぎわう弓ケ浜も今はひっそりとして、時折波と遊ぶサーファーが見えるだけ。両サイドには目隠しのように緑の木々が生い茂り、絶景を独り占め。まさに“別天地”で、明鏡止水といった心境です。

 お湯は無色透明のナトリウム・カルシウム塩化物泉。お隣の下賀茂温泉から引いているそうで、90度近いという源泉もちょうど良い湯加減。塩化物泉は皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐため保温効果が良い上、血行を良くし鎮静効果もあるとか。湯船から上がると全身がほぐれたように感じたのはそのせいかもしれません。

 お風呂上がりはもう一つの楽しみ、宿自慢のお食事です。食事処(どころ)のテーブルには伊勢エビのお造り、サザエの壺(つぼ)焼きなど豪華海鮮料理がズラリ。ガラス越しに一望できる弓ケ浜をスパイスに味わう海の幸はどれもが新鮮で香ばしく、最近始めたダイエットもどこへやら。ご飯まで平らげちゃいました。

 おなかごなしに向かったのが、宿からバスで約25分の「石廊崎オーシャンパーク」。4月1日オープンしたばかりの新名所で、休憩棟を抜けて1~2分歩くと鳥居が。さらに進むと灯台、その先には石室(いろう)神社があり、鳥居はこの神社のものだったんです。社殿をよく見ると絶壁に張り付くように立ち、基礎に船の帆柱を使用。それだけでも驚きですが、帆柱を床からのぞくこともできるんです。

 サプライズはそれだけで終わりません。岬の先端には海に向かってもう一つ、熊野神社が鎮座してるんです。その前には太平洋の大海原が広がり、海抜約30メートルの崖っ縁に立つと鳥になったような気分。どちらの神社も縁結びの神で海からの風に負けず羽ならぬ手をしっかりと合わせました。

 ◇弓ケ浜温泉◇
 ▼アクセス 車は小田原厚木道から国道135号利用、または東名道沼津ICから伊豆縦貫道、国道414号など利用
 ▼宿泊 旅館・ホテル3軒。宿〇文は1泊2食付き2万円(1室3人以上)から
 ▼問い合わせ 宿〇文=(電)0558(62)4141、石廊崎オーシャンパーク=(電)同(65)0016、南伊豆町観光協会=(電)同(62)0141

 ◆祥子(しょうこ)1985年(昭60)4月13日、熊本県出身。タレントで温泉ソムリエの資格を持つ。週刊ポストのグラビア連載「謎の美女」で人気に。写真集「鍵―KEY―」(講談社)など絶賛発売中。6枚目のDVD「祥子の色情誘惑Vol・2」(M.B.D.メディアブランド)を新発売。身長1メートル64、B85・W58・H86。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る