×

藤井叡王が第2局でも連続相掛かり 午前のおやつは「コロコロくまさん」出口六段「コロコロしばちゃん」

[ 2022年5月15日 12:59 ]

藤井叡王が注文した午前のおやつで「コロコロくまさん」とアイスコーヒー(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の藤井聡太叡王(19)=王将、竜王、王位、棋聖含む5冠=が出口若武六段(27)を挑戦者に迎える第7期叡王戦第2局は15日午前9時、名古屋市で、出口の先手で始まった。お互い飛先の歩を進め合った5手目、藤井から戦型選択を委ねられた出口は角頭の歩を守るため、左金を上げて第1局に続く相掛かりへ進んだ。

 前日14日、対局場検分後に行われた食事会で両者があいさつ。「再び地元名古屋でのタイトル戦対局の機会をいただけたことを大変うれしく思います。ファンの方の期待に応えられるような対局になるよう、全力を尽くします」と意気込みを語った藤井に対し、出口は「第2局は巻き返しを図って熱戦を指せるように頑張っていきたい」と応じた。

 この日午前10時からの午前のおやつは共に叡王戦主催者の不二家からの商品で、藤井が「コロコロくまさん」とアイスコーヒー、出口が「コロコロしばちゃん」と冷たい緑茶。正午からの昼食は両者ともに名古屋コーチン親子オムライス。ミニサラダと西尾市でとれた抹茶を使ったデザート「西尾産抹茶のブランマンジェ季節のフルーツ添え」がついた。

 昼食休憩までに44手進み、角を交換し合って手駒に。出口の飛車は浮き飛車に構え、積極的な態勢を敷いている。第1局は藤井の先勝で迎え、藤井が勝てば防衛に王手。出口が勝てば仕切り直しの1勝1敗となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月15日のニュース