×

【前回の鎌倉殿の13人】第18話“大河絵”(鎌倉絵・殿絵)「義経 落日の壇ノ浦 軍神乱舞の八艘飛び」

[ 2022年5月15日 08:00 ]

イラストレーターの石井道子氏が描いたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第18話“大河絵”(鎌倉絵・殿絵)「義経 落日の壇ノ浦 軍神乱舞の八艘飛び」
Photo By スポニチ

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は15日、第19話が放送される。新進気鋭のイラストレーター・石井道子氏が描く“大河絵”(鎌倉絵・殿絵)とともに前回の第18話(5月8日)を振り返る。

 <※以下、ネタバレ有>

 稀代の喜劇作家・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第18話は「壇ノ浦で舞った男」。苛烈さを増す源平合戦。必死に抵抗する平宗盛(小泉孝太郎)率いる平家軍に対し、源頼朝(大泉洋)は義経(菅田将暉)を四国、範頼(迫田孝也)を九州に送り、逃げ道をふさぎにかかる。しかし、範頼軍は周防で足止めを食らい、北条義時(小栗)三浦義村(山本耕史)らが状況の打開に奔走。一方の義経軍も、後白河法皇(西田敏行)の命により摂津から動けずにいた。そんな中、梶原景時(中村獅童)の献策を一蹴した義経が…という展開。

 3月24日、義経は禁じ手の「漕ぎ手撃ち」、舟から舟へ飛び移る「八艘飛び」も駆使し、壇ノ浦の戦いに勝利。平家は滅亡したが、宗盛の母・二位尼(大谷恭子)は宝剣を抱き、安徳天皇(相澤智咲)は女官に抱かれて入水した。壇ノ浦の浜辺には、おびただしい数の亡骸。義経は「義仲も死に、平家も滅んだ。この先、私は誰と戦えばよいのか。私は戦場(いくさば)でしか、役に立たぬ」と虚無感に包まれた。

 壇ノ浦から一足先に鎌倉に帰った景時は「九郎殿は、戦にかけては神がかった強さを持っておられます。しかしながら、才走るあまり、人の情というものを蔑ろにされます。壇ノ浦で舟乗りを狙い撃ちしたのが良い例。一ノ谷における奇襲においても、急な崖を馬とともに下りることを皆に強いられました。勝利のためには(手を選ばぬ)」と頼朝に報告した。

 都の治安を守る「検非違使」に任命されたため京を離れられない義経だったが、宗盛を鎌倉に連れてくることに。しかし、検非違使は辞めず、宗盛は京に戻ってから斬首。景時は「すべて法皇様と九郎殿が示し合わせたこと。よほど九郎殿を気に入られているご様子。これでは、勘違いされても不思議はごさいませぬ。鎌倉殿の後を継ぐのは、自分だと思われたとしても。九郎殿を鎌倉に入れてはなりませぬ。何を企んでおるか分かりませぬ」と吹き込んだ。

 義時や安達盛長(野添義弘)の忠告も聞かず、頼朝は「決めた。九郎には会わん。会うのは宗盛のみとする。九郎は腰越で留め置け」。景時は「あのお方は、天に選ばれたお方。鎌倉殿も同じだ。お二人とも、己の信じた道を行くには手を選ばぬ。そのようなお二人が、並び立つはずはない」と真意を明かした。

 5月16日、宗盛が鎌倉入り。宗盛が義経に代わって書いた文に、頼朝は「何だこれは、九郎が書いたものではない」とイラ立ち。広元は「検非違使になられたことについて、当家の名誉であり、世にも稀な重職で、これ以上のものはないと書いてあります。されど、鎌倉殿も右兵衛権佐であらせられた」と応じ、頼朝は「わしの官職を、ろくに知らぬ者が書いたことは明白だ。なぜそのような小細工をする。宗盛を連れて、とっとと京に帰れと伝えよ」と突き放した。

 義時が仲裁に入ったが、義経は「(話し合いは)無用だ。兄上が帰れと言うのなら、それに従うまでのこと。私は決めた。この先、法皇様第一にお仕えする。京の都で、源氏の名に恥じぬように生きる。私は検非違使尉、源九郎判官義経だ」と兄との別れを決心した。

 そこへ、相模の村人・藤平太(大津尋葵)たちが連れてこられる。藤平太は、平泉から鎌倉に向かう途中の義経たちに里芋煮を振る舞った。義経は「この恩、決して忘れぬ。必ず、また戻ってくる。荷車いっぱいに芋を積んでな!」と約束した通り、カゴに山盛りの里芋を贈る。久々の再会に、義経や藤平太たちの笑い声が絶えない。義時も里芋を味わった。

 今回の“大河絵”は「虚しさの残る勝利」「八艘飛び」「芋の約束」と義経の明暗を表現した。

 ◇石井 道子(いしい・みちこ)絵描き。千葉県生まれ。ブランド情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」におけるJ―WAVEによる展示パネルPOP制作、ウェブマガジン表紙などを手掛ける。「ALL OF SHOHEI 2021 大谷翔平写真集」「スポニチ URAWA REDS 2021 浦和レッズ特集号」(スポーツニッポン新聞社)などにイラストを掲載。ライブペインティングや即興似顔絵も各地で行う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月15日のニュース