×

平原光舞理さんがグランプリ「橋本環奈さんと共演したい」 ワーナー×イトーカンパニーオーディション 

[ 2022年5月15日 18:04 ]

<ワーナーミュージックアーティスツ×イトーカンパニーグループ 初の合同オーディション>ワーナーミュージックアーティスツ×イトーカンパニーグループ、初の合同オーディショングランプリの平原光舞理(左)と、審査員特別賞の木原彩奈(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 女優のともさかりえ(42)らが所属する芸能事務所「イトーカンパニーグループ」と2020年に初となる女優&モデルオーディションを実施した「ワーナーミュージックアーティスツ」による初の合同オーディションの最終審査が15日、都内で行われた。福岡県の高校3年、平原光舞理さん(ひまり、17)がグランプリに選ばれた。共演してみたい人には、同郷の橋本環奈(23)をあげ「いつか共演できるようにこれからがんばっていきたい」と意気込みを語った。

 平原は小学2年から小学5年まで、母離れをしないことを心配した母が応募して、地元の芸能事務所に所属。同事務所に在籍していた、橋本に憧れたことから今回のオーディションに応募した。
 応募総数600通の頂点。「最初二次審査に受かったときから奇跡だと思っていて、きょうの最終審査を受けたときに魅力的な人がいっぱい揃っていて大丈夫かなと凄い不安になった」と振り返る。

 この日行われた最終審査では精一杯を出せたといい、審査結果発表時の心境を「達成感もありまして、涙も出ずに凄く笑顔になりました。凄くうれしかったです」と語った。

 憧れの俳優には嵐の二宮和也(38)を挙げ「演技が凄く魅力的で、どの役をやってもフィットする。アイドルという面もあってダンス、ボーカルにも力を入れていて、ふざけるときは全力。こうなりたいという理想像」と語った。今後については「演技に関しては舞台も映像もミュージカルもいろんな分野をやっていきたい。アクションや歌、ダンスといろんなことに関わっていきたいです」と目標。お笑いコンビ「NON STYLE」やお笑いトリオ「ネルソンズ」が好きで、「バラエティーにも出演したい」と語った。

 グランプリ受賞者は「イトーカンパニーグループ」と専属契約を結ぶ。ワーナーミュージックアーティスツ制作の「SNSドラマ」への出演権も与えられる。

 審査員特別賞には木原彩奈さん(20)が選ばれた。

 ◇平原 光舞理(ひらはら・ひまり)2004年(平16)11月27日生まれ、福岡県出身の17歳。特技はタップダンス、どこでも寝られること、ウォーキング、ロンダート(側転4分の1ひねり)。趣味はお笑いを見ること。1メートル54、血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月15日のニュース