×

柳楽優弥 過去の“たけし発言”「ショックだった」も、大好きになったワケ

[ 2021年12月18日 18:35 ]

俳優の柳楽優弥
Photo By スポニチ

 俳優の柳楽優弥(31)が18日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)にゲスト出演。Netflix映画「浅草キッド」で演じたタレントのビートたけし(74)への思いを語る一幕があった。

 2004年、初主演映画「誰も知らない」が「第57回カンヌ国際映画祭」で当時史上最年少、および日本人初の男優賞を受賞。14歳の柳楽は、ある番組でたけしが発した自身へのコメントが印象に残っているという。「『やっぱり若い時に大きい賞を取っちゃうとその後が大変だよ』みたいなことをコメントされていて僕、結構ショックだったんです。14歳なのにもうこの先、決まっちゃっているのかな?みたいなショックさで…」と吐露。

 「だけど案の定、10代後半とかで、演技について悩む時期があったので。やっぱり(たけしは)先見の明というか、見通すかたなんだなと思って。そこからたけしさんに興味津々と言うか、それだけテレビとかでしっかり発言できるかただから、より大好きになってきて。(北野映画で)大好きな映画も多いし」としつつ、不思議な縁について、「そういうかたを今回演じるというのは結構、興奮したなという感じはありました。(たけしに)『見てもらいたい』っていうので」と語った。

 今作への出演は、ある意味、俳優人生の結晶だという。「努力しなきゃ乗り越えられないような役柄だったから、このタイミングでできたことはラッキーだったなと思いました」と声を弾ませていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月18日のニュース