×

朝ドラ「カムカム」次週予告に深津絵里 「るい」連呼、倒れる安子…ネット「深津さんきた!」「萌音ロス」

[ 2021年12月18日 10:13 ]

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第8週は「1951-1962」。通りにて。ロバートからあることを言われる安子(上白石萌音)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の上白石萌音(23)が1人目のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は18日、第7週の振り返りを放送。最後に公開された次週第8週の予告映像に2人目のヒロインの深津絵里(48)が登場し、反響を呼んでいる。

 <※以下、ネタバレがあります ご注意ください>

 次週予告は安子の愛娘、るいの名前を呼ぶ様々な声が連呼され、その声の先に成長したるいとして深津が登場。そのほか、暴れる勇、千吉の「それはもう、るいとは暮らせんということじゃ」という声、雨の中路上で倒れる安子、男の人に「るい」と呼ばれて黒服姿で振り返る女性の姿などが流れた。公式ホームページでも次週の予告編が公開されている。

 また、公式ホームページではあらすじも紹介。兄の算太(濱田岳)と一緒に、生まれ育った「たちばな」のような和菓子店を作ろうと、おはぎを売りながら少しずつお金をためてきた安子。娘のるいの幸せを一番に考えた安子の決断は。そして時がたち、成長したるい(深津絵里)の物語が大きく動き出していく…という展開に。

 ネット上では「日向の道を歩いてほしい」「もうヒロイン交代?」「来週途中から安子ロス、萌音ロスだわ」「寂しいけどるいちゃん編も見届けます!」「るい編深津絵里さんきた!」「るいちゃんが喪服なのは…」などの声が寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月18日のニュース