×

中島美嘉「聴力が復活しまして」と初告白 「耳管開放症」の症状改善に喜び

[ 2021年10月23日 16:17 ]

歌手の中島美嘉
Photo By スポニチ

 歌手、中島美嘉(38)が日本テレビ「MUSIC BLOOD」(金曜後11・00)に出演。今年に入り、聴力が復活したことを初告白した。

 2010年10月に「耳管開放症」の悪化で歌手活動の休止を発表し、翌11年4月に復帰した。中耳と鼻の奥にある耳管が解放し、自分の声が響いたり耳が詰まった感じがする病気で、「分かりやすくいえば、飛行機の離陸時に(耳が)閉まる感じ。自分の声が大きく聞こえて外の音が聞こえなくなる感じ」と症状を説明した。

 約10年間、完治しないまま音楽活動を続けてきたといい、「近いマネジャーさんとかは知っていたけど、言っても仕方ない。治るわけではないし。耳が悪いんで勘弁してくださいって言えないじゃないですか。その日のベストを尽くすしかやり方が分からなかった。この力加減だったらこのくらいの高さが出るかなって、方法を変えてやっていった」。病と闘いながら試行錯誤、奮闘してきたという。

 今年デビュー20周年を迎えた。番組MC・田中圭(37)から「歌手としての転機はいつ?」と尋ねられると、「今です」と即答。理由については「実は耳が、聴力が復活しまして」と説明した。今年に入ってから改善したそう。初めて公にしたといい、「言うつもりなかったんですけど。またなったらどうしようってあるんですけど、だいぶなっていないので。これ治ったんじゃないかなって。本当最近なんです」と話した。

 回復した決定的な理由は分からないとしながらも、「もしかしたらコロナも悪いことばかりではなくて、私にとっては。ゆっくり休めたりとか、じょじょに聴力が上がってきてある日ボコって戻ったんですね。少し自分で生活を変えれたりとかして。ストレスがなくなったりとかなのかな、と思っているんですけど」と推測した。 患った当初は、周囲から歌う事を「やめなさい」と言われた経験も。「簡単な言葉で言うと(回復は)奇跡」と振られ、うなずきながら「はい」と応じた中島。聴力が戻り、一番うれしかったことは「音程を外したのが分かること」と明かし、「今、外したから次に戻そう、とかが分かるので」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月23日のニュース