元SKE木崎ゆりあ 所属事務所と契約終了&芸能活動休止「心身ともにすぐれないことがたびたび」

[ 2021年10月23日 16:16 ]

木崎ゆりあ
Photo By スポニチ

 元SKE48、AKB48の女優・木崎ゆりあ(25)が23日、所属事務所との契約終了と芸能活動の休止を、事務所の公式サイトで発表した。

 以前から体調不良を訴えており、「ここ数年、芸能活動をしている中で心身ともに体調がすぐれないことがたびたびございました。今後のことを考えまして、2021年10月31日をもちまして契約を終了することになりました。それに伴いまして芸能活動を当面休養させていただきます」と発表。「長年に渡り応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様には心から感謝御礼申し上げます。そして、突然の発表になりましたことをお詫び申し上げます」とつづった。

 また、「体調のことも考え、休養を必要としますので、ご取材やSNS等での書き込みなどにつきましては、お控え頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます」とも呼びかけた。

 木崎は09年にSKE48に加入。14年にAKB48へ移籍した。キレキレなダンスとおバカキャラで愛された。同期に須田亜香里(30)、タレント松村香織(31)、秦佐和子(33)ら。17年のグループ卒業後に女優へ転身。テレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」、映画「アルキメデスの大戦」(19年)、舞台「熱海殺人事件 CROSS OVER 45」(18年)などに出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月23日のニュース