V6と仲間由紀恵の“若かりし思い出” 「内容は覚えていないが、打ち上げは」 思い出してメンバー笑顔に

[ 2021年10月23日 20:32 ]

V6
Photo By スポニチ

 結成26年となる11月1日で解散することを発表しているV6が、23日放送のフジテレビ「MUSIC FAIR」(土曜後6・00)に出演し、女優でMCの仲間由紀恵(41)と“旧交”を温めた。

 今回で同番組最後の出演となるV6は、1995年のバレーボールW杯を機にデビュー。そんな経歴を説明していた仲間は「1995年、実は私もデビューの年でして、一緒なんですよ。だから、なんだと言われたら、それまでなんですが」と話すと、井ノ原快彦(45)は「同級生じゃないですか!」と、どことなくうれしそうに反応。さらに、岡田准一(40)が「フジテレビのドラマで御一緒してますよね?」と返すと、仲間は「してます、してます!覚えてます?」とビックリしながらも振り返った。

 実は2000年に放送されたドラマ「マッハブイロク『big』大作戦」では、V6が主演、仲間がヒロイン役で登場した。その話が出ると、メンバーも思い出したようで、三宅健(42)は「打ち上げね」とみんなの顔を見てニッコリ。6人全員が表情を緩め、井ノ原も「そうそう。打ち上げ行ったじゃん」と笑った。

 仲間は「忙しかったので、覚えていないかと思ったんですが」と、6人のあまりの好反応にビックリした様子。岡田は「内容は覚えていないんですけど、打ち上げは覚えているんですよ」と笑顔で振り返り、井ノ原も「恵比寿でね」とテンションが上がるほど、楽しかった思い出を懐古していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月23日のニュース