泉ピン子「石があったんで」胆のう摘出手術で入院していた「激痛、冷汗は出るわ…言えない痛み」

[ 2021年10月23日 14:03 ]

女優の泉ピン子
Photo By スポニチ

 女優の泉ピン子(74)が23日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)にゲスト出演。胆のうを摘出したことを明かした。

 ピン子は「実は病院から出てきて1週間目」と切り出し、「胆のう取っちゃったの、石があったんで」と手術を受けていたことを告白。少し前まで入院していたといい、「ばあさんみたいに、くの字じゃないと真っすぐ歩けないの」と話し、「おへそを切ったらしいの。そこから管入れて、胆のう取るんだって」と説明した。

 手術を決意した理由について、来年1月に梅沢富美男(70)との舞台を控えていることもあり「もし発作が起きたら迷惑かけると思ったから先に取っちゃったの」とを明かした。

 和田アキ子(71)から症状について聞かれると、「激痛ですよ。冷汗は出るわ。言えない痛みかな」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月23日のニュース