「おかえりモネ」ついに最終週「懐かしいあの人と再会」番組CPも気仙沼ロケ手応え「空の神様のおかげ」

[ 2021年10月23日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」最終週(第24週)の1場面。百音(清原果耶)を待ち受ける未来は?(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)も最終回(10月29日)まで残り1週間と大詰めを迎えた。どのような未来が百音たちを待ち受けるのか。制作統括の吉永証チーフプロデューサー(CP)に最終週の見どころを聞いた。

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 吉永CPは「最終週は登場人物たちがどんな新たな一歩を踏み出していくのか、皆さんに見届けていただきたいです。懐かしいあの人との再会や、幼なじみ大集合など最終週にふさわしく内容盛りだくさんです。また、最後に行った気仙沼でのロケシーンがたくさんあります。特に浜辺のシーンは『空の神様』からのおかげか、非常にお天気が良くて、皆さんの朝を明るく照らすような素晴らしいシーンになっていると思います。残り1週間、是非お見逃しなく!」と力を込めた。

 ▼清原果耶(22日、恒例のバトンタッチセレモニー)いよいよ最終週です。気仙沼の家族や幼なじみ、気仙沼の人たちと重ねる尊い奇跡のような日々が繊細に描かれています。愛を込めて作った大切な作品ですので、皆さんの心に是非残るものがあれば、うれしいです。最後までモネたちのことを見届けていただけたらと思います。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月23日のニュース