バービー 元相方・イモトアヤコのプロフィルに物言い「『森三中を抜けるぞ!』と言われて組んでいるんで」

[ 2021年10月23日 14:43 ]

「フォーリンラブ」のバービー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(37)が23日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「週末ノオト」に生出演。ゲストの元相方・タレントのイモトアヤコ(35)とともにトークを繰り広げた。

 イモトのプロフィルとして、2004年、大学在学中にワタナベコメディスクール(WCS)に入学。講師の勧めでWCSの1期先輩のバービーと2006年に「東京ホルモン娘」というトリオを結成するも、2007年に日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」で珍獣ハンターとして大ブレーク。世界中飛び回るイモトの忙しさもあり、コンビは自然消滅した、と紹介された。

 これに、バービーは物言い。「補足したいんですけど」と切り出し、「『東京ホルモン娘』っていうものを組んでましたけど、その当時は講師から本当に『森三中を抜けるぞ!』と言われて組んでいるんで、肝入りだったわけですけども、それが自然消滅という」と苦笑。「いろいろと見解あると思います」と前置きしたうえで「『私はどうせいつかやるんでしょ?』っていう気持ちといいつつも、(相方の)ハジメという男ができて、二股状態にはなるんですけれども」と続けた。

 これに、イモトは「私の中ではピン活動がお互い主体で、どっちかというと、プッチモニ的な?ミニモニ。的な?モーニング娘。がありながらユニット感覚でやってところもあり、そこがちょっと行き違いがあったのかな」と見解を示した。

 「自然消滅」という結末にも「そこなんですよね」とバービー。今年6月に2人で日本テレビ「幸せ!ボンビーガール 2時間SP」(火曜後9・00)にてロケ企画を行った際、イモトがバービーに当時の非礼を詫びる場面があり、イモトは「数カ月前に『ボンビーガール』で正式に謝罪しました。ひどいことをしてました。言い方とかも、そんな言い方してたんだって、びっくりしましたね」と平謝りだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月23日のニュース