赤江珠緒 張り切って出かけた娘の運動会で夫が失態 「お父さんのカバンに入れておいてね」もまさかの…

[ 2021年10月11日 14:33 ]

フリーアナウンサーの赤江珠緒
Photo By スポニチ

  フリーアナウンサー赤江珠緒(46)が11日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に出演し、娘の運動会で夫がおかした失態を明かした。

 4歳になる娘の幼稚園で運動会が、コロナ禍のために学年ごとに行われたが、「45分くらい、1時間くらいで終わる」という内容だったという。出かける前に家で支度をしていたところ、夫は短パンなど上下スポーツウエアを着用。「体操の先生みたいになってるけど、親御さんも動きやすい格好でとは書いてあったけど、そこまで動くことはないと思うよ。そんな本格的な格好で行かずに、もっとカジュアルスタイル、休日のがいいんじゃない」と話したものの、夫は「だって汗かくもん。汗かいたら汗ジミになるから。スポーツ生地は大丈夫だから、そういうので行きたい」と反論し、そのまま行くことになった。

 「帽子入れた?お茶入れといてね。全部お父さんのカバンに入れといてね」などと夫に指示し、幼稚園へと出発。だが、無事に到着して「一番のりかね」などと話しながら中に入ろうとしたところ、夫が「荷物間違えた。仕事用のリュックだった」と告白。スポーツウエアで張り切って黒いリュックを背負って来ていた夫だったが、水筒や帽子はと聞くと、「もう一個のリュック、なぜかこっちを持ってきてしまった」と答えたとした。

 月曜パートナーのカンニング竹山(50)が「日常の反射だよね」とフォローしたものの、赤江は「それで幼稚園の門の前でずーっと待たされて、入れず。うちの家族は。何をしとるんですかって言う秋でしたけどね」とあきれた様子で振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月11日のニュース