カンニング竹山、佳子さまの「ジェンダー」発言騒ぐ声をバッサリ「なんにも間違ってないと思います」

[ 2021年10月11日 21:57 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(50)が11日、ABEMA「ABEMAPrime」(月~金曜後9・00)に生出演。秋篠宮家の次女・佳子さま(27)の「ジェンダー」発言への反響についてコメントする場面があった。

 佳子さまは10日、日本のガールスカウト100周年の記念イベントにオンラインで参加された。そこで「今後、ジェンダー平等が達成され、誰もがより幅広い人生の選択肢を持てるようになることを、自らの可能性を最大限活かす道を選べるようになることを、それがあたりまえの社会になることを切に願います」と、ビデオメッセージを送られた。

 この発言にネット上では「世論が話題にしている政治的なテーマは触れない方がいいのでは?」「ジェンダー平等だけではなく、男子が皇位継承することにも触れてほしいです」と、様々な意見が挙がった。ただ、佳子さまは昨年にも同じイベントに参加され、ほぼ同様の発言をされている。

 この件に関して竹山は「なんにも間違ってないと思いますけどね。騒ぐことでも、なんでもないと思いますよ。騒ぐ人のことをこうやって話し合わないといけないことこそ、時間の無駄だと思いますよ」と、バッサリ斬り捨てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月11日のニュース