ヒカル、医療従事者に1000万円募金 “売名上等”寄付総額は「1億円に近付いていますね」

[ 2021年10月11日 19:58 ]

ヒカル
Photo By スポニチ

 人気ユーチューバー・ヒカル(30)が10日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、医療従事者に1000万円寄付する様子を公開した。

 「1000万円を寄付しました いま自分にできることを少しでも」というタイトルで動画を投稿したヒカル。「コロナウイルスで世の中はあまり良くない状況で。何かできることはないかということで、直接的な支援が一番効果あるのかな」という理由で、募金を決意したという。

 「過去にも何度かいろんな場所に募金させてもらっていて。僕は募金で“売名”してもいいと思ってるタイプなんでね、そういうキャラなんで、ズケズケ言っていこうかなと思っています。だから堂々と公言して、それを見て真似をしようと思う人が1人でも増えたら嬉しいです」と、視聴者に呼びかけた。

 実際に「新型コロナウイルス 医療崩壊を防ぐための支援(Yahoo!基金)」を通じて、募金するところを公開したヒカル。「1000万を2回募金して、2000万を赤い羽根に募金して。大きな金額だけで言ったら5000万くらいなんですけど、ちらほら募金してるんで。1億とまではいかないものの、多分それぐらいの金額に近づいてますね」と、振り返った。

 「本当にそういうタイプじゃなかったんですよ。でも、YouTubeを通じて人間的に変わったんですよ。だからといって僕は聖人君子かといったら、そうでもないんでね。ただ僕が炎上したときは、ちょっとくらい見逃してくれよとも思いますね」と、笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月11日のニュース