TVアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」第1話10・0% 日曜深夜異例の高視聴率 前4週平均4・1Pアップ

[ 2021年10月11日 09:02 ]

フジテレビ「テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
Photo By 提供写真

 テレビアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」が10日、フジテレビ系列で全国放送され、第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」(後11・15~)の平均世帯視聴率は10・0%(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、わかった。同時間帯(後11・15~11・45)横並びトップの好発進で、前4週平均視聴率の5・9%から、4・1ポイントの大幅アップ。占拠率(シェア=テレビをつけている世帯全体の中で該当番組を見ている世帯の割合)は29・1%。占拠率個人全体は32・0%に達した。個人視聴率は5・7%だった。

 原作単行本全23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破した漫画「鬼滅の刃」(集英社ジャンプコミックスより刊行中)を原作としたテレビアニメ「鬼滅の刃」。2019年4月に「竈門炭治郎 立志編」の放送が開始し、2020年10月には「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が上映され、空前の大ヒット。社会現象化し、映画の国内興行収入は400億円を超えて歴代最高を記録した。

 同局では、9月25日に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を「土曜プレミアム」(後9・00)でテレビ初放送。世界最速、全編ノーカット放送で、平均世帯視聴率21・4%をマークした。

 10日に放送されたテレビアニメ版「無限列車編」の第1話は、煉獄杏寿郎が鬼殺隊本部を旅立ち無限列車へと向かう道中の任務を描いた完全新作エピソード。第2話~第7話も、無限列車での任務を約70カットの新たな映像・BGMが加えられ、「遊郭編」に続く物語を丁寧に描く。主題歌は劇場版に引き続きLiSA(34)が担当し、オープニングが「明け星」、エンディングが「白銀」となる。

 初回放送終了後には「煉獄さん」「牛鍋弁当」「うまい!」など関連ワードが続々トレンド入りする反響を見せた。

 アニメ第2期「遊郭編」は、同局で12月5日にスタートし、日曜午後11時15分から30分間(初回は1時間)で放送されることが決まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月11日のニュース