木久扇83歳、驚異の回復力!!5月末に大腿骨骨折で手術、つえ使ってもう歩ける

[ 2021年6月16日 05:30 ]

林家木久扇
Photo By スポニチ

 大腿骨骨折の大ケガで入院していた落語家の林家木久扇(83)が15日、都内のリハビリを行う病院に転院した。木久扇は先月24日、自宅の仕事場で転倒。同日のうちに都内の病院に入院した。26日に手術。その後、医師も驚く回復力を見せ、現在はつえを使い歩いているという。

 当初は3週間程度経過観察をした後に相談して、その後の治療法を決める予定だったが、話し合いが1週間早まり、この日の転院となった。今後、復帰に向けて熱心にリハビリに取り組むことになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月16日のニュース