片岡鶴太郎 来年前期「ちむどんどん」で6年ぶり朝ドラ、ヒロイン見守る横浜の沖縄県人会会長役

[ 2021年6月16日 05:30 ]

片岡鶴太郎
Photo By 提供写真

 タレントの片岡鶴太郎(66)が来年前期のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」にレギュラー出演することが15日、番組公式ツイッターで発表された。朝ドラ出演は16年の「とと姉ちゃん」以来、6年ぶり。

 地元沖縄を出て途方に暮れていたヒロイン(黒島結菜)を見守る、横浜の沖縄県人会会長役。沖縄といえば、ボクシング元世界王者の具志堅用高氏(65)の故郷。片岡は具志堅氏の「ちょっちゅね」のものまねの元祖で「沖縄の印象は“ちょっちゅね”です。沖縄のヒーロー・具志堅さんとは長い付き合いです」とコメントした。

 ヒロインが勤めるレストランオーナー役で原田美枝子(62)が47年ぶり、厨房のリーダー役で高嶋政伸(54)が25年ぶりに朝ドラ出演。新聞記者役で飯豊まりえ(23)も出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月16日のニュース