酒井法子 「碧いうさぎ2021」を初披露「ここが新しい私のスタート!」

[ 2021年6月16日 19:02 ]

「碧いうさぎ2021」を初披露した酒井法子
Photo By スポニチ

 歌手で女優の酒井法子(50)が16日、東京・八重洲のヤマダデンキLABIで行われた配信ドラマ「プロデューサーK PART4」の収録で「碧いうさぎ2021」を初披露した。

 特別に仕立てられたステージの上で、新たに付け加えた情熱的なダンスとオリジナルの手話を交えて1995年リリースの代表曲「碧いうさぎ」のニューバージョンを熱唱。

 圧倒的な踊りの迫力と歌唱力に、収録に参加していたエキストラ約20人からは大きな拍手が沸き起こった。

 酒井は「ここが、新しい私のスタートです! 無事に歌い終えてホッとしています。若い女子たちにも、新たに生まれ変わった“碧いうさぎ”を歌って欲しいです!」と呼び掛けた。

 酒井にとってドラマ出演は8年ぶり。「石黒賢さんを始め、共演者やスタッフの皆さんにすごく良くしてもらってうれしいです」としている。

 「プロデューサーK」シリーズは毎回、人生に悩む女性芸能人が登場し、再び輝きを取り戻すというフェイクドキュメンタリードラマ。今回は、酒井(本人役で出演)が歌謡界の第一線に復活するストーリーが描かれ、6月11日にクランクインした。

 10月上旬にGYAOやAmazonなどで配信予定で、今回は酒井のほかに俳優・西岡徳馬(74)やタレント・モト冬樹(70)、ものまねタレント・青木隆治(40)がゲスト出演し作品を盛り上げる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月16日のニュース