長谷川ミラが「多様性の先」を語る インクルージョンがテーマのシンポ出席

[ 2021年6月16日 20:10 ]

「P&G Equality&Inclusionオンライン・シンポジウム」に参加した高橋尚子(左)と長谷川ミラ
Photo By 提供写真

 タレントの長谷川ミラ(23)、シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(49)が16日、P&Gジャパンが主催したオンラインのシンポジウムに出席した。

 平等な機会とインクルーシブな社会の実現に向け議論。積極的にLGBTQ+コミュニティーのサポートで活動するZ世代の長谷川は「LGBTQについて学校で学んでない世代でも、SNSがあるので学ぶことができるし、私自身も知っておくべきだと思う」とコメント。自身がインターナショナルスクール出身であることから「インクルージョンという考え方が当たり前で、この言葉も浸透している」と話した。

 また、東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会理事も務める高橋さんは日本オリンピック委員会(JOC)の役員男女比率の資料を用いて「2015年は女性の比率が10%を切っていたが、今、大きく変わろうとしている状況です」と語り、今後もスポーツ界で平等な機会とインクルーシブな世界の実現に取り組む考えを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月16日のニュース