仲邑菫二段 最年少タイトル挑戦逃すも「自分の中では満足」

[ 2021年6月16日 05:30 ]

囲碁の女流立葵杯の準決勝で牛栄子三段(右)に敗れた仲邑菫二段
Photo By 共同

 囲碁の中学生棋士、仲邑菫二段(12)は15日、福島県会津若松市で打たれた第8期会津中央病院・女流立葵杯の本戦準決勝で牛(にゅう)栄子三段(22)に敗れ挑戦者決定戦となる決勝への進出はならなかった。

 仲邑二段は今期の女流立葵杯で5連勝。藤沢里菜女流立葵杯(22)への挑戦にあと2勝まで迫り、最年少でのタイトル挑戦が懸かっていた。仲邑二段は「(準決勝まで)思った以上に勝てた。自分の中では満足です」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月16日のニュース