Koki,鮮烈スクリーンデビュー!清水崇監督作品「牛首村」で初主演「本当に感謝しています」

[ 2021年6月16日 18:00 ]

映画「牛首村」で初主演を務めるKoki,
Photo By 提供写真

 木村拓哉(48)、工藤静香(51)夫妻の次女でモデルのKoki,(18)が、いきなりスクリーンデビューすることが16日発表された。清水崇監督(48)の新作映画「牛首村(うしくびむら)」で、初主演を務める。

 20年2月に公開し大ヒットを果たした「犬鳴村」、今年2月公開の「樹海村」に続く「恐怖の村」シリーズ第3弾として、「牛首村」の公開がついに決定した。

 北陸に実在する最凶の心霊スポットが舞台。今作が女優デビューとなるKoki,だが、果たして日本史上最恐のホラー映画で一体どんな演技を見せてくれるのか。ミステリアスなベールが脱がれた時、まだ見たことのない女優・Koki,の誕生に注目だ。

 Koki,は「この様な素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝しています。いただいた役と向き合いながら、清水監督からの言葉をしっかり聞き、一生懸命頑張りたいと思います」と、意気込み。

 清水監督は「“恐怖の村シリーズ”の三作目は『牛首村』。今回も実在する地を拠点にしつつ、あえて実態不明の怪談『牛の首』に焦点を当て、えぐろうと思います。主演のKoki,さんには、ミステリアスな存在感と物怖じしない物腰、時折垣間見える負けん気に大きな魅力を感じています。初めての映画にホラーを選んでもらえたことにも、日本の通常の芸能活動の枠を超えた度量と野心を感じ、一緒にチャレンジすることが、今からとても楽しみです!」と、抱負を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月16日のニュース