坂上忍 緊急事態宣言解除後も酒類提供制限続けば「居酒屋はもうアウト」「堂々と開けるところも増える」

[ 2021年6月16日 13:58 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(54)が16日、MCを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演。緊急事態宣言解除後も、飲食店に対する酒類の提供制限が続けば「生きていくために開けるしかないっていうところも増える可能性がある」と推測した。

 「お酒がダメなのが続くと、居酒屋はもうアウトじゃない?」と話すと、共演者のお笑いタレント・カンニング竹山(50)も「もうアウトでしょうね」。「ぶっちゃけ言うと、堂々と開いている店けっこうありますよ。でも、何もやらないっていうわけにもいかないからね」と続けた。

 昭和大医学部の二木芳人客員教授(感染症学)は「感染リスクの高いお店ほど、お酒を提供しなければ成り立たないというところもある。そういうところの対策をきちんとサポートしてやらない限り、結局いつまでたっても、お酒の提供は難しい」とコメント。坂上は「お酒の提供が難しくなるっていう一方で、竹山くんが言った通り、堂々と生きていくためには開けるしかないんだよっていうところも増えていく可能性が出てくる」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月16日のニュース