中居正広 ラジオで「TOKIO!」と叫んでデビュー曲流す それ以上言及せず、無言エールにファン感動

[ 2021年4月4日 21:18 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が3日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。1994年にリリースされた後輩グループ「TOKIO」のデビュー曲「LOVE YOU ONLY」を最初の1曲として流し、ファンを感動させた。

 昨年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所し、新事務所「のんびりなかい」の社長兼タレントとしてリスタートを切った中居は3月27日の前回放送で「あと数日でワタクシね、独立記念日」と切り出して楽しそうに笑い声を立てると「あの…。一応、独立記念日なんですよ。正式にはなんかね、2日からなんですよね」と発言。昨年2月21日に開いた退所報告会見では2015年2月19日に喉頭がんのため亡くなった実父・正志さん(享年79)の命日である2020年2月19日に「のんびりなかい」を設立したと明かしていたが「これ、いいタイミング。2月19日、僕、会社設立して。それがパパの命日だったんですよ。で、4月2日っつーのがパパの誕生日…うん」と4月1日とみられていた独立記念日が4月2日だったことを明かしていた。

 そして迎えたこの日の放送では冒頭から「独立しまして1年が経ちました」と改めて報告した上で「皆さんご存知のようにこの1年はもうコロナの1年だったんで。今まで生きてきた人生の中で経験したことないような1年だったので。独立するのも初めてなので。でも、10年後か5年後か。人に『独立した時ってどうでした?』って(聞かれた時)。『実はコロナで』って。忘れもしない独立になるんじゃないのかなーって。でも、こっからの1年もね、分かんない。だから独立してどうなるのかなって思ってたけど、コロナだからどうなるのかなって。そっちの方がちょっと強かったかな」と独立後のこの1年を振り返った。そして、ここで唐突に「TOKIO!」と一言。「TOKIO」のデビュー曲である「LOVE YOU ONLY」を1曲目として流した。

 中居はその後、番組内で「TOKIO」について言及することはなかったが、リーダーの城島茂(50)とは10代の頃に合宿所で寝食をともにし、国分太一(46)とは「SMAP」の前身である「スケートボーイズ」でともに活動した間柄。TOKIOメンバーはSMAPのバックで踊ってくれたこともあり、関係は深い。

 それだけにツイッター上には「中居くんらしいな」「さすがだなあ~優しい中居くん」「中居くんのそういうとこ好き」「TOKIO流すとか反則だよ泣ける」「やはり後輩思いな中居くん」「中居くんはやっぱり中居くんだ」とファンから感激の声が殺到。3月いっぱいで長瀬智也(42)がジャニーズ事務所を退所し、3人で「株式会社TOKIO」として新たなスタートを切った仲間に無言でエールを送る姿が感動を呼んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月4日のニュース