中居正広 独立から1年 後輩の退所が続くも「そんな勧めない 大変ですし」

[ 2021年4月4日 10:21 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が4日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。自身の独立から1年経過した心境をあらためて語った。

 番組では、TOKIOの長瀬智也(42)が3月31日をもってジャニーズ事務所を退所。城島茂(50)、国分太一(46)と、松岡昌宏(44)の3人組となったTOKIOは昨年7月に設立した「株式会社TOKIO」の公式サイトを立ち上げ、新たな一歩を踏み出したことを紹介。この1年で、長瀬だけなく、多くのタレントが退所している。

 「今置かれている環境だと、今やりたい、いろいろとキャリアを積んで違うことをやりたいなと思っていてもこの環境ではできないから出てみようかなとか、まあ、本当にタイミングと状況はそれぞれ」と理解を示しつつも、独立については「そんな勧めないというか…絶賛、皆さんにお勧めしますって感じではない。大変ですし…ちょうど僕は退所したと同時にコロナだったので、本当にこの1年、振り返って、何も身にもならなかった1年」と振り返った。

 「土に種を植えて、水をまいて、花を咲かせる、そういうことがまったく。種を植えることもなかったですし、水もまくこともなく、何の花も咲かせることもできなかった。僕だけなのかなのかな…みんなどうなのかな…と首をひねった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年4月4日のニュース