夏目三久アナ 古市憲寿氏の“攻めのスタンス”にタジタジ、夫婦は「何と呼び合う?」の質問に…

[ 2021年4月4日 20:29 ]

フリーアナウンサーの夏目三久
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(46)と1日に結婚したフリーアナウンサーの夏目三久(36)が4日、日本テレビ「真相報道 バンキシャ!」(日曜後6・00)に生出演。夫の呼び方について、社会学者の古市憲寿氏(35)から切り込まれ、苦笑した。

 リモート出演した古市氏が、「だいぶ朗らかなスタジオでね、。やっぱり夏目さんにおめでたいことがあったせいか、いい雰囲気ですね」とコメントした。話す顔がニヤついていると指摘されるも、「(結婚して)本当によかったなと思って」とアピールした。夏目は「今の顔、全然心がこもってなかったですから」と斬り捨て、笑いを誘った。

 古市氏は番組終盤で「言い足りないこと」を尋ねられ、「え!?僕、夏目さんにいろいろ聞いていいんですか?」と“攻め”のスタンスに。慌てた夏目は、「ちょっと時間がないようなので、すいません。後ほど楽屋でゆっくりお話しさせてください」と、とっさに返した。

 その後、夏目は古市氏からお祝いのプレゼントをもらったとし「プレゼントありがとうございました」とお礼。古市氏は「あ、ちょっとはい。はい」と、サラリと受け流し最後は「お互い何と呼び合うとかちょっと聞きたいなぁって?」。夏目はノーコメント、恥ずかしそうな表情で笑っていた。

 夏目と有吉は2日の夜に所属事務所を通じ、連名の直筆ファクスで1日に結婚したことを発表。今回の「バンキシャ!」は結婚報告後、初のテレビ番組への生出演となった。初めて自らの口で結婚を伝え、「素敵な夫婦になれるように頑張っていきます」などと語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月4日のニュース